エアポケット

公開日: 

 
いつだったか、クルマの運転席のシートを勝手にいじられる、ということがあった。
仕事であるところを訪れていたときのことだった。
駐車スペースが狭いところで、
「他のクルマを出庫させる際に少しだけ車を動かすことがありますので、キーを預けてください」
とのこと。
 
一抹の不安が頭をよぎったが、まぁ、ほんの少し車を動かすだけなら大丈夫だろう…と思ってキーを預けた。
 
小一時間ほど用事を済ませて、さぁ、クルマを出そうと思ってキーを受け取りに行くと、
「クルマを移動させるときにシート動かしちゃいました。電動のシートなんですねぇ、へー」
などと言われ、ばっちりシートを動かされていた。
 
 
僕の車のシートは電動パワーシートなんですが、運転席のシートの位置については、誰にも触られないように細心の注意を払っている。
仕事がら、長距離を運転することもあるが、シートの位置の設定によって疲労感が全然違うのだ。
車検とか定期点検とかで、ディーラーに車を預けるときでさえ、「車のシートの位置は絶対に動かさないように」と念を押して預けるほどだ。
ディーラーの担当者も毎度同じことを言われてウンザリしてるだろうけど、それでもしつこく言いつける。

 
※という話をすると、電動シートなら位置を記憶するボタンもあるじゃないかという指摘を受けそうですが、すみません、ウチのクルマは中途半端な電動シートでそういうのがないんです。
 
ということでシート位置を戻すまでミリ単位でシートが動くこともあってすごく苦労した。
シートを動かした人に対してはもちろん、一緒に乗っている人に八つ当たりまでした。
「そんなことでガタガタ言わなくても…」
なんてことを平然と言おうとする人には、言い終わる前に露骨に嫌な顔をして見せた。
 
まったく散々な日々だった。被害にあった方々、すみません。
でも決して僕は悪くない。
人はそれぞれ心に中の思いがけないところにエアポケットを持っているものなのだ。

 
1~2か月経って諦めかけていたところ、ひょんなことからベストポジションに!車のシートの神様に感謝。
もう誰もいじらないでね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑